企業活動に便利なAWSとDBの監視

企業活動をスムーズに行うためには、優れたIT技術を有しているウェブサービスを取り入れることが重要です。優れたウェブサービスを取り入れることができれば、障害なく活動し続けることができて、企業の業績も上向きになっていくでしょう。

そのように企業活動を助けるウェブサービスのひとつとしてAWSがあるので、AWSとBDの監視について紹介します。

AWSとは?構築する時のネットワーク監視についても知ろう!


AWSとは何か

AWSとは、アマゾンウエブサービスの頭文字をとった略称のことを言います。

アマゾン社が提供しているクラウドサービスのことを指しており、2006年3月にリリースしたことをきっかけにして、様々な企業において活用され、企業活動のスムーズな運営に貢献している存在です。

もともとは、リリースして企業向けにクラウドサービスを提供するために開発されたものではありませんでした。アマゾン社内部における活動をスムーズに行うために生み出されたものであり、アマゾン社内のビジネス上の課題を解決するために出来上がったITインフラストラクチャのノウハウをもとにしてウェブサービスという形態において企業に向けてリリースするに至りました。

AWSでは、コンピューティングをはじめとしてストレージにデータベース、分析のほかネットワーキングの円滑化、管理ツール、IoTなどといった数多くのクラウドサービスを活用することができます。また、幅広いサービスを活用することができるばかりではなく、規模も大きくグローバルです。

AWSを活用することによって、企業はより迅速かつ抑えたコストでもって活動し続けることができます。その利便性は広く認められており、AWSは月間で100万人以上の利用者が存在しているほどです。AWSのクラウドサービスには、クラウドならではの利点が豊富にあります。

クラウドサービスであるからこそ利用までにかかる時間は圧倒的に短く、利用するリソースを顧客が自由に選択することができること、利用した分だけ料金を払うという料金形態などがその代表です。

優れたセキュリティ

AWS(アマゾンウェブサービス)には、クラウドサービスならではのメリット以外にも様々なメリットがあります。そのひとつが優れたセキュリティを有しているということです。企業の活動によっては、政府にかかわる仕事や顧客情報を厳重に管理しなければ成り立たない仕事などがあり、優れたセキュリティを有していなければクラウドサービスを利用することができない企業というものが存在しています。

AWSは、これらの企業であっても安心して使用できるほどの優れたセキュリティを有していることがひとつのメリットです。セキュリティのレベルには様々な基準が存在しており、世界、あるいは業界によってそのレベルは異なります。

AWSでは、政府をはじめとする様々な業界や企業が定めている規制を満たす認証を取得して運用しています。ISO 27001、SOCといったものなどがその代表です。そのため、AWSを利用していれば、国内医薬品や医療機器のコンプライアンスを満たすことができるので、医療部門にかかわる業務もスムーズにこなせるほか、国内における金融機関のセキュリティレベルもクリアし、日本政府にかかわる業務も不安なくこなすことが可能となります。

機能改善システムと利益還元のシステム

AWS(アマゾンウェブサービス)のメリットのひとつとして、機能改善システムと顧客に対する利益還元のシステムが整っていることをあげることができます。AWSでは、基本的なクラウドサービスを提供しています。コンピューティング、ストレージ、データベース、分析、ネットワーキング、モバイル、開発者用ツール、管理ツール、IoT、セキュリティ、エンタープライズアプリケーションなどといったものが代表です。

これらのサービスを提供するうえでは、顧客の使用状況を見守るほか、顧客からの意見を数多く取り入れてフィードバッグのシステムを確立したうえで運営しています。顧客からフィードバックされた意見をもとにして、機能改善を図るほか、新たなサービスを生み出すことに積極的です。

AWSで生み出された新サービスや改善された機能の95%はフィードバッグによって成り立っているといわれています。このようなシステムで生み出された新サービスは素早く顧客に提供されることになります。また、AWSでは利益還元システムも確立されている状態であり、これもメリットのひとつです。

AWSの新サービスや改善された機能の多くは、顧客からのフィードバックが大きく影響していることもあり、この利益を顧客に還元することをアマゾン社では大切にしています。「地球で最もお客様を大切にする企業であること」をアマゾン社ではミッションとして掲げているほどです。

このこともあり、2006年にリリースされてから2017年7月の段階までにおよそ60回以上のサービスの値下げを実施しているほか、一部のサービスでは90%以上の値下げを実現しています。

グローバルビジネスにも対応する障害対策

企業活動は、国内に留まるものばかりではありません。グローバルに展開することが求められることもあり、企業に利用されるクラウドサービスはグローバル規模の障害にも対応することができることが求められています。AWS(アマゾンウェブサービス)は、グローバルビジネスにも対応することができる障害対策を打ち出していることも、利用するうえでのメリットです。

AWSクラウドのグローバルインストラクチャは、障害に耐え、障害に対応するために特殊な構成で組み立てられています。AWSは主に、リビージョンとアベイラビリティゾーン、そしてトランジットセンターという3つの仕組みで成り立っており、これらはそれぞれ独立しています。

リビージョンとは、物理的にそれぞれ離れた領域のことであり、リビージョンが接続されることによって成り立ちます。リビージョンは独立データセンターで構成されている複数のアベイラビリティゾーンから成り立っています。

そして、インターネットに接続するためのトランジットセンターによって完成します。AWSを構成するリビージョンとアベイラビリティゾーン、そしてトランジットセンターはそれぞれ独立していることによって、ひとつの部分に障害が起きたとしても、他方へと影響することを抑えることが可能です。

これにより高い障害耐性と対応力を有することができています。

お得な料金体系

AWS(アマゾンウェブサービス)では、お得な料金体系を築き上げています。そもそもクラウドサービスは設備を導入するためにかかる費用を抑えることも可能で、その時点でお得です。AWSでは、使用する分だけ料金を支払う料金体系となっています。

多種多様にあるサービスの中で、必要となるサービスを選び、その料金だけを支払うことになります。また、AWSでは無料利用枠というものが設けられています。新たに利用する顧客に向けて、無料で利用することができるサービスもあり、非常にお得です。

DBの監視の重要性

クラウドサービスを利用するうえでは、DB(データベース)の監視が非常に重要です。DBの監視とは、データベースの運用が適切に行われているかを見守ることと同じ意味です。データベースの運用が健全に行われていなければ、データが失われるほか、企業運営がうまくいかず、様々なトラブルを招くことになります。

そのため、DBの監視は非常に重要であり、DBの監視がしっかりと行われているかどうかということはクラウドサービスを選ぶ際のポイントのひとつともなっています。

DBのAWSによる監視

AWSでは、DB(データベース)の監視を行うシステムもしっかりと確立されています。DBの監視はAWSの信頼性と可用性、パフォーマンスを維持するうえで非常に重要な位置づけにあるため、力を入れて行われている状態です。

DBの状態をモニタリングして、メモリや処理量を把握、その情報をもってDBに問題が生じた場合に生かしています。問題発生時には、それまでのDBの状態と比較して問題解決に努めています。